ゼオライト販売

エルヴェ環境ではゼオライトの事業用などの大量仕入れ、販売をおこなっております。粒の大きさや数量等ご要望に応じてお見積もりいたしますので、お気軽にお問合せください。

ゼオライトの特徴

ゼオライトとはギリシャ語で「ゼオ(沸騰する)」「ライト(石)」と称され、日本では沸石とも言われる天然の鉱物です。ゼオライトはアルミニウムの含水珪酸塩鉱物で、急激に加熱すると内部の結晶水が飛び、膨張して水蒸気を出し溶けスポンジ状になります。その様子が沸騰するように見えることから由来しています。

強い吸着力に注目

ゼオライトは二酸化珪素を主体とした多孔質粒体です。吸着力が強い特性があり、スポンジ状になった空洞構造に、再びガスや水分、アンモニアなどの強い臭いや有害物質を強力に吸着します。さらに酸に強い特性もあります。

土壌改良・水や空気の浄化・放射性セシウムの吸着など多岐に活躍

ゼオライトは「地力増進法」で法定土壌改良指定資材土として取り上げられています。土壌の汚染を吸着し浄化、肥料の栄養素を地中に長く保持するため、作物や草花、芝生、樹木を育ちやすくします。アンモニアを強く吸着するため、畜産にも役立ちます。また土壌だけではなく、排水や空気の浄化として利用されています。最近では問題になっている放射性セシウムの吸着にも利用され、更に注目が高まっています。

ゼオライトは土壌改良をはじめ、多岐にわたり利用されてます。
  • 1農作物、草花、芝生、樹木の育成 肥料の栄養素を長期間保持し育成を助成
  • 2汚染された土壌の改良 土壌中の有害物質を強力に吸着します
  • 3畜産の臭い対策 臭いの元となるアンモニアを吸着し清潔に
  • 4排水処理の水質浄化 汚れた排水の浄化や水質維持に
  • 5放射性セシウムの吸着 放射性セシウム・重金属等を吸着し不溶化します
  • 野菜イメージ写真
  • 稲イメージ写真
  • 土壌イメージ写真

ゼオライトの特徴

日本国内で産出した高純度天然モルデナイト系ゼオライトによる地力増進材です。他に比類のない陽イオン交換量により保肥力を向上し、吸着、通気、保水性を持ち、各種ミネラル分を含有します。塩類過剰障害(肥料成分の施肥バランスの改良)による連鎖障害に有効です。

分析例(単位%)
珪酸 アルミニウム マグネシウム カルシウム ナトリウム カリウム リン酸
66.57 12.62 1.03 0.54 2.55 1.52 2.17 0.02
水素イオン濃度(PH) 6.5〜7.5 CEC 165me/100g

正味量/20kg  原産国/日本:福島、宮城  原料/天然モルデナイト系ゼオライト
陽イオン交換量/100g当り140mg当量  用途/(主たる効果)土壌の保肥力の改善

page up